ホーム » 血流代謝促進健康法

ぎっくり腰一発撃退健康法とは「血流代謝促進健康法」

血流代謝促進健康法

私たちの身体に発生する痛みは血行の停滞に起因します。血行が停滞すると骨格筋の収縮が生じてきます。停滞した血流が促進されると筋肉が緩み、圧迫を受けていた毛細血管や毛細神経が圧迫から解放されて痛みが消失すると共に、伸縮自在な筋肉となって諸関節の可動域が正常化するために日常動作が快適になります。

静脈血や動脈血の正常なサイクル化は単に、肩こりがなくなった、腰痛がよくなったという慢性的な痛みからの解放に止まらず、すべての臓器を自然治癒的に活性化させる最良の力となります。停滞した血流を代謝促進して、身体全体の体調を整えるというのが美風塾の整体術です。

事故の多いリスクを伴う恐れのある骨部を直接矯正することはいたしません。筋肉をほぐす怖くない最良の整体術です。そして、病気にならないための身体作り、予防医療をサポートするのが血流代謝促進健康法です。

科学で立証されています

私たちが、肩がこる・五十肩だ・ぎっくり腰だ・膝が痛いということで整形外科を受診しますと、種々の病名の診断を受けます。医師はその時に「血行を良くする薬」と「筋肉を緩める薬」を処方・投薬してくれます。その「血行を良くする」「筋肉を緩める」という行為を手技により具現しているのが美風塾の整体術です。

医師が推奨する、血行を良くする・筋肉を緩めることを直接手技によって行います。即効的に症状の改善がなされている事実はまさに科学で立証されている整体術です。ひたすらに停滞した血流を代謝促進させる技術に全力を注いでいるのが美風塾の整体術です。

血液循環が正常化すると

美風塾の技法で下腿筋にミルキングアクション効果を与えることにより、停滞している静脈血の代謝促進が正常化すると共に、動脈血との循環が連携して静脈血と動脈血が正常な血液循環を繰り返します。この状態一般的に「血行が良い」ということになります。

どうして下腿筋の静脈血の代謝促進が必要かと申しますと、動脈は心臓の収縮と拡張に相まって、血管の収縮と弛緩によって血液を送りますし、引力による自然流下も手助けとなります。しかし静脈には自ら血液を送出する作用はありません。「ふくらはぎ」や腕を動かした時の収縮や弛緩時の筋肉の圧力により静脈血を送出しますが、引力の抵抗も加わりますから、血流停滞の要因となります。

その結果、足が冷える・むくむ・肩こり・腰痛等の慢性的な身体不調の起因となり得ますし、時には静脈瘤やエコノミー症候群等の重大な疾病を生じることもあります。

下腿筋こそ第2の心臓!

足は第2の心臓と申しますが、漫然と足と表現するのではなく、美風塾の整体術では、腓腹筋・平目筋を含む下腿筋が第2の心臓であると確信しております。

「ふくらはぎ」にミルキングアクションを与えますと、数分の後に足底から上肢手指に至るまで、さらに身体中に温感を体感します。筋肉が緩み、諸関節の屈伸が容易になります。腰部を中心に痛みが消失するか軽減します。自律神経のバランスが良好となりリラックス感も体感します。このように停滞していた「ふくらはぎ」の静脈血の代謝促進をすることにより、静脈血と動脈血の循環が正常化します。

心臓から送り出された血液は動脈を経由して全身のあらゆる部分に酸素や栄養分を運びます。代わりに二酸化炭素や老廃物を受け取り静脈経由で心臓に戻ります。このことを体循環といいます。二酸化炭素を沢山含んだ血液は心臓に戻った後、肺動脈を経由して肺に戻りガス交換が行なわれます。これが肺循環です。ガス交換により新鮮な酸素を受け取った血液は、肺静脈を経由して心臓に戻り再び新鮮な血液が心臓から全身に送り出されます。

すべての血液は心臓を中心に体循環と肺循環を繰り返しながら良好な体調を維持していますが、もしも下腿筋に静脈血が長期間停滞いたしますと、正常な体循環・肺循環が阻害されて重大な疾病の遠因となり得ますし、足が冷える・むくむ・肩こり・腰痛等の慢性的な体調の不調は重大疾病に繋がるシグナルサインであると考えております。

美風塾の整体術は「ふくらはぎ」に停滞した静脈血を即効的に代謝促進して血液サイクルの正常化を目指すと共に、骨格筋、すべての血行を促進し筋肉を緩めて「病気にならないための身体作り・予防医療」をサポートする技術を根幹としているので、体調を整える恐ろしくない整体術の「血流代謝促進健康法」と呼称するにふさわしい、斬新で身体に優しく、世代・次世代をも担う最良の民間療法!整体術です。

血液の恩恵

私たちの体内には、網の目のようにまるで網細工のように直線にすると地球2週半に当たる距離、約10万キロメートルに及ぶ血管が全身にくまなく網羅されています。その血管の中を、心臓から送り出される血液が1分間に約5リットル、1日に約7,200リットルも送り出されています。体内には体重の13分の1に相当する量の血液があるといわれております。

私たちは常日頃、血液を「血」と呼び、血液の多大な恩恵を実感することもなく漫然としておりますが、血液の循環が停止することは死を意味することになります。

血液は、赤血球・白血球・血小板等の有形成分と血漿という液体成分からなり、人命を維持する上で最大・最良の使命・役割を担っております。赤血球は酸素や二酸化炭素を運び、白血球は侵入してきた異物を攻撃して食したり殺す役割をしています。また白血球の3割を占めるリンパ球は、抗体を生産して生体防御の役割をします。血小板は血液を凝固させて傷口等を塞ぐ役割をします。血漿は血液の約6割を占めその90%は水分です。少量のタンパク質、ブドウ糖、塩分、カリウム、リン、ホルモン等も含有しています。血漿の主な役割は身体に必要な様々な物質を運ぶことです。さらに新陳代謝による老廃物も持ち去ります。汗が出れば水分や塩分を補給し、身体中の細胞は血漿中の水分やタンパク質、糖分を受け取って新陳代謝をするエネルギーとします。酸素や二酸化炭素を運ぶ赤血球や外部からの病原菌を退治する白血球も水分の多い血漿の流れに乗って全身に行き渡ります。

このように血液は私たちの生命維持活動の根幹でありますから、血液成分の一つでも欠落したり成分のバランスを失うと重大な疾病を生じますし、血流の停滞であっても体調不良の要因となるでしょう。

適切な食事と運動を心がけると共に、定期的に継続して「血流代謝促進健康法」を実践することにより、良好な血液循環や血液の無上の恩恵を体得できると思います。

お問合せ・ご相談

午前9:00~午後9:00

電話:011-577-3233

住所

〒001-0907
北海道札幌市
北区新琴似7条2丁目